仏像の解説

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sendai.areablog.jp/eprblofy0059

抜け毛のメカニズムと対策

まずは皮膚科の受診をお勧めします。西洋医学の面からしっかり診断してもらう必要があると思います。


思春期以降の男性では、精巣から分泌される男性ホルモンが脱毛ホルモ ンに変わると、脱毛の危険があります。


加齢により血行不良や新陳代謝低下、活性酸素増加の要因が含まれると脱毛の危険性が更に大きくなります。


男性ホルモンが毛母細胞中の5αリアクターゼと結合して脱毛ホルモンになるのを防ぐものは、フィナステリドです。


皮膚科ではプロペシアで処方してくれます。また頭皮の血行をよくするものは、ミノキシジルです。薬局やドラッグストアでは「リアップ」で市販されています。

ミノキシジルやフィナステリド(プロペシア等)は 必須アイテムですが、それだけでは「だめ」なようです。


■フィナステリドで、男性ホルモンが脱毛ホルモンになるのを抑制する。


■ヘッドスパで、頭皮の余分な皮脂を除去してミノキシジルで血行を促進する。


■食事などで、末梢血管の血流を増加させる → 頭皮の血行促進へと繋がる。


と言った対策も必要になります。


抜け毛のケア




抜け毛
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sendai.areablog.jp/blog/1000075037/p11737897c.html
育毛 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
仏像に関する解説
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 3709
コメント 0 1
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク