実践型シルクスクリーン

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sendai.areablog.jp/silkscreen1

ファストフード・リストランテ

マクドナルドでもスターバックスでもサブウェイでも何でもいいのですけれども、あの、カウンターの前で注文する形式になかなか慣れることができません。


というのも、これは私の勘違いなのだと思いますが、カウンターの前で注文を悩んでいると、店員に「はやく決めろよ」と無言の圧力を受けているように感じてしまってつらいのです。


それに、これは間違いなく勘違いじゃないと思うのですが、行列などができているときに、並んでいる後ろのお客さんからは「はやく決めろよ」という無言の圧力が確かなものとして両肩に重くのしかかってきます。


カウンター式の注文があるお店は基本的に選択肢が多いのですが、急かされているような気がして、メニューをじっくりと見れたことがないように思います。



注文をとるまえに、水を一口、煙草に火をつけて、ゆったりとメニューを見る、という時間が私には必要みたいです。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sendai.areablog.jp/blog/1000254237/p11654535c.html
飲食 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
シルクスクリーンの技術を獲得すると世界が広がります。シルクスクリーンの基礎を学んで、様々な場面で活用していきましょう。