AppeToppe

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sendai.areablog.jp/appetoppe

無門の門

どっかで読み聞きした「無門の門」という言葉。

たしか、昔の偉い法師の語録だったと思う。

漢文で書いてあったから、その下に何が書いてあったか、今はわからぬ。

だがら、自分で考えた。

門らしいものが見当たらないので、どこから入ればいいかわからない場合がある。ここでいう門とは、入り口のこと。

親切なのは、誰でもわかる大きな門をそれ見よがしに作っておくことだ。

無門の門
【山形 湯殿山の鳥居】

なにか、目で見える、形あるものがないと、不安になるわけだけれど、
そういう「決まり」のない場合は、どうするか?

決まりがあれば、それに従うのが一番樂だ。

入り口で、どうすべきか考えてしまって、結局入れないのは、困る。

「無門の門」とは、おそらく、禅問答の問題なのだ。(と思う)



私の答えはこうだ。

自分で決めるしかない。

自分で決めた入り口が、その家やエリアの主の「入り口」と一致した場合が最上。

違っていたら、まだまだ不勉強だと、謝り、反省すればよい。


今日は、母上様の初七日。

今頃は、三途の川の浅瀬の緩流を、静かに渡っているころだろう。

人生を豊かに生きた母に比べて、
わたしは、まだ無門の門の前で、腕組みをしている。

今日も反省だ。

             (合掌)









goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sendai.areablog.jp/blog/1000035647/p10464805c.html
妄想 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

こんばんは♪はじめましてA2Cと言います。
とても勉強になりました。
俺もまだまだ反省すべき事が多すぎます。
これからもよろしくお願いします。

[ A2C ] 2011/08/04 19:16:19 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
みねおイメージ
郷土の歴史探訪…
というよりは、沸き起こる歴史妄想のままに徘徊するあっぺとっぺな男のブログです。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 4 9806
コメント 0 1
お気に入り 0 1

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[旭川] カームのささやき

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード